FC2ブログ
☆ ☆

Ira Sleeps Over

はじめて表紙を見たとき、女の子のお話かと思ってたのですが、
この子は男の子でした。
Ira Sleeps Over
Ira Sleeps Over

by Bernard Waber
*男の子*お泊まり* 48 pages H


Ira は友達の家に泊まりにいくことになりました。
始めてのお泊まりです。
とってもうれしいんだけど、ちょっと心配なことがあるんです。
いつもいっしょに寝ている teddy bear のこと。
連れて行くのはちょっと恥ずかしい。きっと友達に笑われる。
でもteddy bear なしで寝むれるかなあ。


子どもの気持ちがとってもよく描かれている素敵なお話です。
優しいお父さんとお母さん。
そしてちょっといじわるっぽいおねえさんの意見を聞いて、
Ira の心は揺れていきます。
Should I take him?

その辺りの描き方、とてもいいんですよね。
こんな気持ちのわかる年齢のお子さんには、
とても心が通じていくお話だと思います。

私は、やっぱりお母さんの気持ちで読んでいて、
大事件ってわけではないのに、
楽しいお泊まりになるのかどうか心配で、
一喜一憂しつつ引き込まれました。
もっとも、Ira のお母さんは全然心配してないようですけど。

シンプルな会話文が大部分をしめるので、
文が多くても読みやすく感じると思います。
自然な家族の会話を知るのにも、いいですね。

Bernard Waber の本はワニの Lyle のシリーズが有名ですが、
たとえば シリーズ第一作目『The House On East 88th Street』よりも、この本の英文はわかりやすいです。

The House on East 88th Street
The House on East 88th Street


日本語版はこちらです。
アイラのおとまり
アイラのおとまり

*・*・*・*・ 

teatreecafe

Author:teatreecafe
* * * * * *

メールアドレス:
warm_upenglish*
yahoo.co.jp
(お手数ですが、メールを送られるときは*を@ にご変更ください)

* ・ * ・ * 
Goldilocks and the Three Bears We're Going on a Bear Hunt (Book & CD) Froggy Eats Out
*大人の読書*
Remember Me?: A Novel I Feel Bad About My Neck: And Other Thoughts On Being a Woman (Vintage) Dear Life
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
*・*・*・
RSSリンクの表示