☆ ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Meet Me in the Moon Room: Stories

Meet Me in the Moon Room: Stories
Meet Me in the Moon Room: Stories

オレゴン在住の作家というだけで興味が湧いて、ちょっと中を読んでみる。
ちゃんとオレゴンの話が出てきます。
行ったことがあるところがでてくると、やはりうれしい。

摩訶不思議な短編集です。

日本語版はこちら。
月の部屋で会いましょう (創元海外SF叢書)
月の部屋で会いましょう (創元海外SF叢書)
スポンサーサイト

The Burgess Boys / バージェス家の人々

読書の秋。

今度時間を見つけて読もうと思っている本はこれ。

The Burgess Boys
The Burgess Boys

Olive Kitteridge』でピュリツァー賞を受賞した Elizabeth Strout の作品です。

日本語版はこちら。
バージェス家の出来事
バージェス家の出来事

ドラゴン話

  Dragon Slippers
Dragon Slippers

この表紙、クラシカルで好きだわ~。

書き出しは
It was my aunt who decided to give me to the dragon.

げげ~、おばさんはこの子をドラゴンにあげちゃうんだ。



続いてこちらは、愉快そうな雰囲気を漂わせているドラゴン話。
日本語版もありました。

 ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese))
ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese))


ドラゴン訓練の方法って、おかし~い。
おもしろそうなので調べてみると、もう映画化されていました。
しかも、もう日本に来たのですね。
なんで、気がつかなかったんだろう。
IMDbでは、☆8.2 すご!

すでに、DVD も出ていました。
ヒックとドラゴン スペシャル・エディション [DVD]
ヒックとドラゴン スペシャル・エディション [DVD]

Mog's Christmas

毎年、クリスマスの絵本を一冊は買うことにしています。

ほしい本と去年購入した絵本の表紙で、
このブログを飾っていますが、こちらも候補。
大好きな絵本、『The Tiger Who Came to Tea』の作者、
Judith Kerrの絵本です。

   Mog's Christmas (Mog the Cat Books)
Mog's Christmas (Mog the Cat Books)

*猫* 32ページ   


猫のモグは人気者のようで、シリーズ化されているのですね。

シリーズ一作目がこちら。
Mog the Forgetful Cat
Mog the Forgetful Cat



日本語版はこちら。
 わすれんぼうのねこ モグ
わすれんぼうのねこ モグ
モグのクリスマス
モグのクリスマス


*・*・*・*・ 

teatreecafe

Author:teatreecafe
* * * * * *

メールアドレス:
warm_upenglish*
yahoo.co.jp
(お手数ですが、メールを送られるときは*を@ にご変更ください)

* ・ * ・ * 
Goldilocks and the Three Bears We're Going on a Bear Hunt (Book & CD) Froggy Eats Out
*大人の読書*
Remember Me?: A Novel I Feel Bad About My Neck: And Other Thoughts On Being a Woman (Vintage) Dear Life
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
*・*・*・
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。